« 2010年4月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月10日 (木)

グローバル固定 IPv6 アドレス割当型トンネル接続実験サービスを試す

今度、PacketixVPNを使って、ソフトイーサと筑波大学とで、
IPv6の実験サービスを、始めたようだ。
http://www.softether.co.jp/jp/news/100607v6.aspx

WindowsXPで試した。仮想VPNのインターフェイスにIPv6をバインドされて、
接続すれば、IPv6のアドレスが、割り当てられる。

でも、なんかグローバルアドレスが、2つ割り当てられるみたいなんですよね。
なんでだろ?
http://v6ip.tsukuba.wide.ad.jp/help/client.aspx
上記の公式サイトの接続例でも、2つ割り当てられているようだから、そういうものかもしれないけど。


いままで、Feel6を利用していたので、この2つのv6間のルーティングが
どうなっているか、調べてみた。

v6ip.tsukuba.wide.ad.jpで割り当てられた端末から、
feel6宛てのtracerouteをやってみた。

結果は、以下のとおり。(一部伏せてあります)

Tracing route to 2001:3e0:xxx:x:x3x:xxxx:xxxx:xxxx
from 2001:200:1c8:xx:xxxx:xxxx:xxxx:xxxx over a maximum of 30 hops:

1 39 ms 23 ms 24 ms 2001:200:1c8:xx::1
2 16 ms 16 ms 17 ms 2001:200:0:7c08::1
3 23 ms 22 ms 23 ms 2001:200:0:7c01::2
4 22 ms 22 ms 22 ms ve44.foundry6.otemachi.wide.ad.jp [2001:200:0:10::141]
5 24 ms 24 ms 24 ms alala1.otemachi.wide.ad.jp [2001:200:0:1802:212:e2ff:fec0:3f09]
6 22 ms 24 ms 25 ms 2001:200:0:fe00::1275:0
7 23 ms 23 ms 25 ms 2001:278:0:2020::8
8 128 ms 144 ms 128 ms 2001:278:0:2020::15
9 141 ms 142 ms 142 ms xe-0.paix.plalca01.us.bb.gin.ntt.net [2001:504:d::6]
10 222 ms 133 ms 127 ms ae-1.r20.snjsca04.us.bb.gin.ntt.net [2001:418:0:2000::1a2]
11 249 ms 138 ms 142 ms as-1.r20.osakjp01.jp.bb.gin.ntt.net [2001:218:0:2000::7e]
12 127 ms 133 ms 133 ms ae-4.a20.tokyjp01.jp.ra.gin.ntt.net [2001:218:0:6000::186]
13 146 ms 146 ms 127 ms xe-1-1.a14.tokyjp01.jp.ra.gin.ntt.net [2001:218:2000:2000::32]
14 144 ms 127 ms 281 ms ge-0-0-0.a06.tokyjp01.jp.ra.gin.ntt.net [2001:218:2000:2000::8e]
15 128 ms 138 ms 145 ms ge-0-0-0.a06.tokyjp01.jp.ra.gin.ntt.net [2001:218:2000:2000::8e]
16 132 ms 127 ms 146 ms 2001:218:2000:5000::6
17 129 ms 146 ms 133 ms 2001:3e0:0:30:203:e4ff:fed6:d01b
18 143 ms 134 ms 148 ms 2001:3e0:0:30:203:e4ff:fed6:d01b
19 154 ms 153 ms 159 ms 2001:3e0:xxx:x:xax:xxxx:xxxx:xxxx
20 141 ms 161 ms 150 ms 2001:3e0:xxx:x:x3x:xxxx:xxxx:xxxx

Trace complete.

なんじゃこりゃ。太平洋を行って来いをしているじゃないかぇ?
どっかのルータのルーティングがおかしいんじゃね?

というわけで反対向きも試してみた。(feel6 -> packetix-v6)

traceroute6 to 2001:200:1c8:xx::1 (2001:200:1c8:xx::1) from 2001:3e0:xxx::xxx:xxxx:xxxx:xxxx, 64 hops max, 12 byte packets
1 2001:3e0:xxx::xxx:xxxx:xxxx:xxxx 1.180 ms 0.937 ms 1.671 ms
2 2001:3e0::30:203:e4ff:fed6:d01b 15.596 ms 14.570 ms 14.643 ms
3 feel6-gate.feel6.jp 15.138 ms 16.638 ms 20.445 ms
4 2001:3e0::c:204:4eff:fea0:7854 16.016 ms 19.340 ms 16.381 ms
5 fa-2-1.r01.tokyjp01.jp.b6.gin.ntt.net 17.428 ms 19.924 ms 20.435 ms
6 ge-8-12.a15.tokyjp01.jp.ra.gin.ntt.net 17.886 ms 20.390 ms 16.498 ms
7 ge-8-2.a15.tokyjp01.jp.ra.gin.ntt.net 125.735 ms 127.485 ms 128.182 ms
8 2001:200:0:7c01::1 132.835 ms 131.748 ms 131.197 ms
9 2001:200:1c8:83::1 132.151 ms 132.595 ms 132.611 ms

あれぇ? こっちは、ホップ数は、まともな感じがするけど、
でも、hop6と7の間が、なんかおかしい感じがするぞ。

なんでこんなに急激に遅くなるんだ。これも、太平洋を越えた感じの応答時間だな。。
見た目は、国内で処理されてそうなんだけど。。

NTT-comの経路が変なのかなぁ?

誰か、直してくんないかなぁ。。

なんか、昔インターネットが発展途上のころを思い出すわ。
IPv4でも、むかーしは、こんなことよくあったなーと思って。

アメーバ ピグが使ってるTCPポートを調べる

Ameba Piggをファイアウォールを通して、開いたら、通信がタイムアウトする。

あれぇ?もしかして、80、443以外使っているのかなぁ??
と使っているポートを確認してみた。

どうも、ファイヤウォールのログを見ると、TCP 843とTCP 1935で通信しようとしているようだ。
こいつらをFWのルールで通してやれば、ちゃんと通信ができた。
もしかしたら、843はなくてもいいかも。あと、UDPは使うの?とかは、知らない。。(笑)

宛先は、59.106.4.xとか59.106.5.xとかのIPアドレスを使っているようだ。

ピグは、フラッシュを使っている。なのでフラッシュでよく使うポートで通信してるようだ。
どうも、TCP843は、Flash socket policy serverとの間で、使うようだ。
マスターソケットポリシーファイルというものを取りにいくだけのようだが。

TCP1935は、Flash Real Time Messaging Protocol (RTMP) というもののようだ。
UDPも使うことがあるらしい。

ふーん、知らんかった。フラッシュとか、使ったことないからなぁ。
時代に取り残されていってるわ。。

1935は、Ustreamとかでも使うみたいだね。フラッシュ使ってるからかな?

なんか、こんなの調べるのは、以前は何とも思わなかったのに、
最近、面倒くさーって思うようになっちゃったなぁ。。

年取ったってことなんかなぁ。。悲しい。

P.S.
海外版のAmeba Picoのほうも、ポートは同じかな。
サーバのIPは、違うかもしれないけど。
気が向いたら、調べてみっかな。

そんな急に内閣の支持率が上がるって。。

えー、首相と幹事長が変わっただけで、そんなに、支持率が変わるの?
ほんまかいな。。

なんか、気持ち悪っ。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年7月 »

advertisements

  • 1.amazon.co.jp
  • 1.SIPで050番号使える
  • 1.楽天 売れ筋TOP3
  • 2.Google AdSense
  • 3.あなたのしろたんを!

最近のトラックバック

2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

access counter